花粉症じゃない人に花粉症のつらさを伝えてみる

語ってみた

今や3人に1人がその気があるとも呼ばれているらしい、

まさに社会問題ともいえる花粉症。

身近にそういった人がいることも全く珍しくはないですが、

実際に花粉症でない人にとって、辛さがわかりづらいのではないかと思います。

なので、実際の花粉症であるそーすが全力で花粉症のつらさを伝えます。

これを見て身近な花粉症の人の気持ちが少しでもわかるようになれば幸いです。

つらいこと一覧

軽いものから重いものまで、列挙するとこんな感じ。

  • くしゃみ・鼻水が出る
  • 目がかゆい
  • 鼻の奥が熱に侵される感覚がある
  • 目の奥の異物感が無くならない
  • 水分補給してもすぐに鼻水に変換される
  • くしゃみのしすぎで謎の空腹感がある
  • もはや頭痛までしてくる
  • 空気が怖い
  • 日中、外に出る気力が一気に無くなる
  • 鼻づまりと目のかゆさで眠れない

軽度の人はここまでではないと思いますが、

大なり小なりこんな感じの症状が出ます。

基本的に上記の現象を薬などで軽減することは出来ても、

避けることは出来ないので、この時期は精神的にも落ち込みます

もはやステータス異常

花粉症と言うと名前は可愛いですが、

実際には微毒を盛られているのと大差ないと思います。

野球ゲームであるパワプロでは花粉症になると

やる気という超重要ステータスが一瞬で絶不調になりますが、

かなり再現度が高いです。

冷静に考えて精神に来るというのは風邪とかそういうレベルと同等のもので、

それが1か月以上続くわけです。絶不調にもなるよね。

ちなみにパワプロで病院に行ってもあまり治らないのも再現度高いです。

マスクの下と目の問題

最近ではコロナ禍のせいか、マスクをつけっぱなしでも何も思われませんが

花粉の酷い日に外出すると、数度のくしゃみの後に

マスクの中が大変なこと(比喩)になります。

マスクが汚れない為のマスクが欲しい

鼻が詰まって息苦しいというのも精神的なダメージが大きいです。

 

しかしそちらはまだマシで、本当につらいのは目のほうだったりします。

とにかくかゆいです。掻いてもどうしようもないのですが、

今すぐにでも目玉を取り出して丸洗いしたい気持ちになります。

それが無理なら顔ごと取り換えてロボットになりたい

もしくは世界をすべて水没させたい

たまには平気な日もあるけど…

一応雨の日だったり、あと深夜の時間帯は

空気中に飛んでる花粉の量も相対的に少ないのか、多少マシだったりします。

その時は外に出ても良いと思える唯一の天気なのですが、

残念ながら雨の日の翌日あたりは花粉の量が更に増えて大変なことに。

「花粉 雨」で検索したら「雨の次の日」とか「雨上がり」が出てくる

くらいにはやっぱり危険視されています。安息も慈悲もない。

花粉症じゃない人に伝えたいこと

以上より、基本的に「どうしてほしい」というようなことはないのですが

  • 根性論とかそういったものはもはや論外であること
  • この時期に外に出ようとしないことは察してほしい
  • 睡眠不足と薬の相乗効果で眠りがちなこと
  • 鼻水の騒音問題について、申し訳ないと思っていること
  • 不摂生や生活リズムの崩れが花粉症の引き金になるので、
    この時期は特にそういったことに絶対注意した方がいいということ

は花粉症の代表として是非伝えさせていただきます。

 

自分は東京に旅行にいった時、

都会の排気ガスや食生活・生活リズムのズレが

最後の引き金となって花粉症が発症したと思われるクチなので

被害者をこれ以上増やさないためにも一報記しておきます。

 

色々とサボり気味だったのは花粉症のせいということにしてください。ごめんなさい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました