2020年振り返り

語ってみた

なんだかんだで2020年はコロナに始まり、世界的に色々な出来事がありました。

一個人としても変わったことも多く

何かしら活かせるよう、振り返っていきたいと思います。

環境のお話や抱負的なもの

まず一番環境が変わったこととしては、新しい職場で働き始めたことでしょうか。

それにより「金銭的・時間的な焦り」から精神的に開放された気がします。

お金が無い、という話ではなく

この職場で働いていて数年後、未来の自分は良いのか…?

という不安が無くなった…は言い過ぎですが、薄くなったことです。

転職への抵抗も減ったので、自分の中で一番柔軟になった部分だと思います。

とりあえず、漠然とした不安を抱えた社会人は

一度転職をしてみるというのは非常に効果的だと思いました。割と本気で。

職種は詳しくは言えませんが、全く別の業界に来たのも

比較という意味も含めて、良かったと思っています。

「人間っていくらでも代わりがいる」と開き直ることが出来ました。

失敗したことリストアップ

ついでに時間があったため、自分にしては割と色々なことにチャレンジしてみました。

そんな中で、結果的に「失敗した」と思ったこともいっぱいあったのですが、

実際に失敗してみても、別に何か害があるわけでもないし

(強いて言えば他人に笑われる程度ですが)

結論から言えば「やってよかった」という感想しか出てこないようなものも多々。

他人に笑われたところで別にお金が減るわけでもないし、

笑ってくる程度の人間は向き合うだけ時間の無駄なので、

とりあえず今後も失敗を重ねていこうと思います。

 

とりあえず来年は「失敗するものを100個くらい作ろうかな」

というおかしな目標を立てる気持ちで、

ひとまず今年に失敗したと思われるものをリストアップしていこうと思います。

Twitter

このブログの記事にも挙げたこれなんですが、

はい、Twitter今殆ど使ってません。

まったく活用してないかといえばそういうわけでは無いのですが、

日常的に覗いてもいないし、有効活用出来ていません。

発信側として考えると有用なツールなのですが、

発信ネタが整理できていなかったのも一つの問題な気がします。

そして意図せず受信する呟きの大半は時間泥棒なので楽しむ分には良いですが

自分の中の天使が警鐘を鳴らすのでどうにも楽しめない次第。

もうちょっと賢くなってからまた使おうと思います。

Androidアプリ開発

実は10月末くらいから着手していたり。

「日本食をオススメするアプリ」なるものを作成していました。

 

海外旅行に行って、客観的に日本食の美味しさに気付き、

またYOUTUBEなどでも日本食を推すような動画があることをキッカケに

「日本への海外旅行者」あるいは「日本食を何となく決めたい」人向けに

「300程度くらいある日本食をランダムでセレクトしてくれるアプリ」

を作成しようと作っていた…のは良かったのですが

  • 開発者として問題あるが、Androidの開発環境が気に入らない
  • 英訳する必要がある

この2点の関係でモチベーションが保てずに宙に浮いている始末です。

特に前者がネックで、そもそもAndroidが大多数なことは承知していますが

拘りがあるわけじゃないので「他の環境のが楽だな…」という点が目についてしまう。

新しい言語等に触れられたのは大きいですが、

継続していきたいかと言われると…うーん…?

ボドゲレビュー

ぶっちゃけるとこのブログのコンテンツの一つにあるこれです。

ボドゲ作るほうではなく、あくまでレビューのほう。

正確に言えば「記事にすること自体は良いけどコンテンツにするほどではなかった」

というのが正しいかも。

コロナの関連で集まりづらい為ネタも少なく、また基本的に自分が

「世間一般的に知られてないけど、面白いものを通知したい」タイプの人間なので

知名度通り面白いようなものは中々レビューする気持ちが進まなかったりします。

逆に言えばその条件を満たしていれば書きたいと思うので、

レビューする気持ちが無いわけじゃないです。

まぁ正直、それだけじゃなくブログのジャンル分けを若干ミスった気がしてます。

それらの共通点

まだまだ失敗したことは山のようにあった気がしますが、

ぱっと思いついたのがそのあたり。

ではそれらの共通点は何かというと

「結果として本人があまり楽しんでいない」ということだと思いました。

やっぱり面白くないと続かないんだね。

よかったことリストアップ

逆に新しくやってみて、初めてみて良いと思ったものや

面白かったものもリストアップしてみました。

ボドゲ制作

最近更新自体は止まってますが、年末に知人を巻き込んでテストプレイもして、

結構楽しんでもらえたのもありモチベーション高めだったりします。

金銭が絡むという問題はあるにはありますが、

見栄えや材質等に拘らなければ手軽に楽しめるものでもあるので

とりあえず恥ずかしがらずに続けていきたいものの一つ。

DMMいろいろレンタル

WiMax関連の記事で使うことになったこれですが、

今後も引き続き使っていく可能性が増えました。

良かったことなので既に記事書いてますが、とりあえず一つとしてカウント。

リングフィットアドベンチャー

健康のキッカケになったゲーム。

はじめてよかった。触るキッカケをくれた友人に感謝。

やっぱり良かったことなので既に記事を何個か書いています。

今は「足底腱膜炎」なるものがまだ治っていない為、

ペースは落ちていますがそれでもチマチマと続けています。

(ゲーム)ブログ

このブログを始めたこともそうですが、

裏で書いてるほうのゲームブログもあったりします。

むしろそっちが表と言っていいくらいには更新が捗っています。

去年から続けているので正確には今年のものではないですが、

今年になってキーワード次第ではGoogle1ページ目に表示されることも出てきて

またコメントなどの交流も出てきてかなり嬉しい感じに。

個人的には「どういう記事を書くか」の方向性が決まっている分、

読者も、筆者である自分自身もわかりやすい

というのが大きいのではないかと思っています。

むしろそのゲームに時間取られ過ぎて他の事あまり出来てないね?

YOUTUBE

YOUTUBEもチャンネルや、その他今まで触れてこなかったジャンル等

今までより触れる機会を増やして楽しむようにしました。

(ただ時間泥棒な使い道になってることも多いのでそこは失敗してます)

全く知らなかったけど巷で有名な曲や、ゲーム、グループ、その他色々…

確実に言えることは「再生数が多いものにはそれなりの理由がある」ということ。

「よくわからないボーカルや曲」「何が面白いかわからないゲーム」
「胡散臭いYOUTUBER」「理解出来ないVTUBER」

みたいな感じで否定するような気持ちが過去の自分にもあった気がしますが、

実際に数回くらい見てみると

「耳に残るしリズムの良いボーカルや曲」「他人の視点を考えると一気に面白く感じるゲーム」「言っている事自体は価値のあるYOUTUBER」「癖になるVTUBER」

といった感じで変化することも珍しくないです。再生数が多いのは大体そんな感じ。

とはいえYOUTUBE君は親切過ぎるので、

勝手にそれらの類似動画を押し付けてきまくります。

なので、来る情報のみを基準に考えると、時間泥棒の罠に陥ってしまうので

動画の良い所悪い所の取捨選択を考える必要があることは、肝に銘じています。

来年の目標

やりたいこと自体は山ほどありますが、

一つに要約すると「全力で遊ぶ」、これかなと思いました。

やるからには本気出して、準備して、まるで小学生の時みたいに。

真面目じゃない自分にはぴったりの目標だと思いました。

なので来年も、全力で楽しめる内容を書けるよう、また更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました