ビジネス系YOUTUBERとかの発言をまとめてみた

語ってみた

昨今、ビジネス系YOUTUBERなるものが増えてきています。

一度動画を見たりすると、関連動画として似たようなジャンルの動画が

流れやすくなりますが、そのビジネス系YOUTUBER界隈では、

同じような内容をまとめている動画がかなり多かったりします。

 

そんな中、人生にとってポジティブになるであろう考え方

その動画から自分なりにピックアップしてみました。

ついでに過去に読んだ本や、実体験などからも参考にしています。

「意識高い系」の匂いがして面倒臭いなと感じたかもしれませんが、

理由も一緒に書いてあるので、一度見て振り返ってみると良いと思います。

 

人が喋っている動画、つまりYOUTUBERとか苦手だったりする知人だったり、

もっと早く知っておきたかった、そんな過去の自分に向けた記事になります。

そもそもビジネス系YOUTUBERとは

名前を聞いたこともあればそうでない人もいると思いますが、

中田敦彦、マコなり社長、ホリエモン、などを筆頭に

メンタリストDaigoやひろゆきなど、

各ジャンルに特化していたり、それぞれの考え方をアップしている人達です。

 

そして大事なのは「一定の成果を出している人たちである」

という共通点があることです。

そんな生きてきた世界も違えば、戦ってきた分野も違う人たち

皆同じような事を言っているとするなら、

それは考え方として大体合っているんじゃないかと思うわけです。

 

というわけで早速挙げていきますが、仮に自分に当てはまっていると感じても、

まっさらな気持ちで一度受け入れてから、内容を吟味するのをオススメします。

何故なら、これは全部過去の自分に刺さっていた内容でもあったからです。

「忙しい」は言い訳

日常的にこの言葉を使っている人結構いると思います。

今後は、遠まわしに他人の誘いを断る時以外では、

「忙しい」は二度と使わない方が良いと思います。

 

理由は複数挙げられますが、簡潔にまとめるなら

「結局は優先順位の問題であり、何か理由をつけて時間を作ろうとしていない。

 つまり、無意識のうちにやれない理由を探しているだけだから」

です。電車の中、お風呂の中、トイレの中、休憩中、休日…。

上記の時間を有効活用しようとしているか、

それだけでなく、仕事を早く切り上げられるようにしているか。

時間を作ろうとしているか。これらを全部YESで答えられる人なら

「忙しい」と言う前に既に行動しています。断言出来ます。

 

例えば年に1回しかない、本当に心から好きなイベントがあれば、

その為にスケジュールも調整したり、早退出来るようにしますよね。

決して「忙しいから無理」とスルーなんてしない筈です。

今「忙しい」といっているものは、純粋に自分の中の優先順位が低く

やらない理由を作っているからに他ならないのです。

自分の「意志」に頼ってはいけない

これは「注意します」「意識します」という言葉を使ってはいけない、

ということでもあるのですが、つまり「意志でどうにかしようと思わない事」です。

 

何故なら、大半の人間にとって、意志は長続きしないからです。

ただ漠然とダイエットしようと思ってそれが成功するのか、

失敗したことに対して「意識します」、で次から防げるのか、

忘れ物をする癖が「注意します」で直るのか。

今まで何回、そうやって失敗を繰り返してきましたか?

 

結論としては、「どうにかする」のではなく

「どうにかなる環境を作る」ということが大事です。

環境と言っても、簡単なものでいいです。

張り紙をしておく、アラームを設定する、鍵をかけておく、等

あまり「意識しなくても」なんとかなるように環境を整えておきましょう。

貴方が今まで過去で意識して成功してきたパターンは、思い返してみると、

環境を変えることが出来た場面なのではないでしょうか。

自分を分析しよう

ゲームをするときに、例えば今後ずっと自分が使うキャラクターだったり

自分がメインで使う装備品があったら、それを情報サイトなどで調べて

詳しい性能や自分の知らないような使い道を見ると思います。

見ないという人は、何か確固たる理由が無いのであれば、見るべきです。

ものの数分程度で終わるような調べものをするだけで、

今後の数時間、数十時間が快適になる可能性があるんです。

 

そして、あと何十年は生きるであろう「自分自身」というキャラクター

分析・調べもしないで操作し続けるのは実にナンセンスだと思いませんか。

 

自分が何が好きなのか、嫌なのか、どういったタイプの人間なのか。

はっきり言えるでしょうか?言えないのであれば知っておきましょう。

そして「自分は〇〇という人間です」

明確に言えるようになるだけで、人生に対する不安が驚くほど消えます

 

その為に、残りの万という人生のうち、たった一日とかで良いので、

自分の考えをひたすらノートに書いたり、

例えばBigFiveと言われる有名な心理テストを受けたりして、

自分のことを理解してあげてやってください。

それを言葉として理解するだけで、知らない間に

心が消耗することを避けられるようになるはずです

「愚痴や過去の話しかしないような友達」は不要

書くかめっちゃ悩んだ内容がこちら。

友達は不要とか、酷い奴だな。と思われることを承知で選びました。

むしろ「友達そのものが不要」論まであったりする中、

これでも自分なりに考えて調整してたりします。

 

理由は単純で、何のポジティブな要素も生み出さないからです。

居酒屋で、学生時代の話や会社の愚痴を言い合う中年を

私は昔から一切カッコいいと思えませんでした。

昔の栄光自慢をする社長や上司の話は、心からつまらないと思っていました

当人たちは過去を回顧して楽しんでるかもしれませんが、

一時的に感傷に浸ってるだけにしか見えないからです。

勿論、そういう話をするような人生で良い。という人もいると思いますが、

結局それは、現在に何の影響ももたらさないので、空しくなるだけです。

 

ですが、それが仕事の話でも、例えば遊びやゲームの話でも構いません

どんな内容でも、今現在どう考えているか、未来に向けてどう楽しんでいこうか、

知らないアレに挑戦してみよう、というようなポジティブな話であれば、

自分はそういった友達・仲間と関わっていきたいと思います。

 

そのほうが話を聞いていて楽しいし、ワクワクがあるし、

その人ならではの考えを聞けるからです。そんな友達と

未知を冒険したり、高め合うって純粋に素敵じゃないでしょうか。

世論が不安を煽る理由

今の日本が不景気だったり、良くないと思っていませんか。

これについて、一言でいうと実はこれは「普通の横ばい」なのです。

どういうことかというと、この2000年単位で、

例えば明治時代などで比較して考えても、

現在の状態は何もおかしいことではないということです。

 

「いやいや比較がおかしい」とか「あからさまに悪い空気じゃないか」

突っ込む人もいると思いますが、これについて説明します。

 

まず、自分たちの親世代あたりでバブルという

驚くべきほど日本にとって幸運で、数百年あっても会えないような稀なレアケース

突入していたということ。

その感覚が抜けきってない人が日本の舵を切っている状態であるということが一つ。

この場合、「今の時代が悪い」のではなく

「前の世代が不当に良かった」というのが正しいです。

 

次に、「経済とは不安を煽って動かすもの」だからということです。

保険に入っている人に、「今のままで大丈夫」というか

「このままではマズい」というかで、どっちが新しく

お金が動くかは言うまでもありません。

だから連日、政府やマスコミ、それだけでなく

個人で商売をしている人なども不安を煽ります。

 

ここで大事なことは必要以上に怯えることではなく、

現状での日本を客観的に判断して

副業だったり、資産分配だったり、その他色々

自分に沢山のセイフティネットを用意しておくことです。

まとめ

どれも自分に刺さっていた内容になります。

その為、少しは考えるきっかけにでもなれたらと思っています。

 

ただ書くネタはまだまだまだまだいっぱいありますので、

もしここまでの流れが参考になるなぁと思った人は

一度動画とかでビジネス系YOUTUBERを拝見してみるのもいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました