えっ、ディスコードってそんなことが出来るん?

語ってみた

結論がタイトルで落ちてる。

というわけで最近よくお世話になっているディスコードで

出来ることを調べていたら、昔と違って結構やれることが増えてたりして

驚いたので、気になったことだけ整理してみました。

実はサーバー管理者を委任出来る

自分がDiscord使い始めた数年前は出来なかったと思いましたが、

気が付いたら出来ていたこの機能。

正直なところ、知人の間であればDiscordのサーバー管理者なんて

誰でも良いと思いますが、稀に役立つことがあるかもしれません。

 

まずは以下の赤い丸の部分を押します。

すると以下のメニューが出てきます。「サーバー設定」をクリック。

開かれる以下の画面の赤丸部分(メンバー)をクリック。

メンバーの一覧が表示されるので、そのメンバーのメニューを

開くと出てくる以下の赤丸「所有権の移動」を選択するだけです。

これでいつでもサーバーの管理者を他人に押し付けられ譲渡できますね!

サーバーのレベルアップ

レベルアップと聞くだけでなんとなくワクワクしますね。

これは上記の他人に譲渡する場合と併用して考えるのがベターだと思います。

Discord用語でいうと「サーバーブースト」と言うらしいです。

機能一覧がこちら。

ざっくりと説明すると

  • 会話の音質が向上したり
  • 遅れるファイルサイズが大きくなったり
  • 使えるカスタマイズ絵文字が増えたり
  • サーバーアイコンにGif使えたりします

大体こんな感じの機能が使えるようになります。

特に重要だと思うのが会話の音質じゃないでしょうか。

じゃあどうやってそれが出来るのか、という話ですが

ブースト、つまり経験値を稼ぐ必要があります。

経験値を稼ぐには、Nitroと呼ばれる有料月額会員に加入しており

経験値そのものを購入するか特典として

2つ分のブースト経験値を貰えるので、それを消費する形になります。

 

ここで出てきたNitroはサーバーではなく、

ユーザー依存の有料会員となるので、とりあえず自分自身が快適になるだけであれば

こちらを考えるだけで良いとも言えます。

 

ただ問題としては、ブーストしたサーバーも結局、期間限定なので

Nitro会員の人が1人いる分にはずっとレベル1の維持は可能ですが

それ以外で考えていくと規模が無いと厳しいです。

 

お値段的に有意義だとは思いますが、手を出すには中々に厳しいかもしれませんね。

Live配信

環境が整ってなくても、実はめっちゃ簡単にLIVE配信が出来ます。

ボイスチャンネルに入ってる時に表示される上の赤丸のボタン

「画面を共有する」をクリックしてみましょう。

現在起動中のゲームだったりといった内容が表示されます。

これを選ぶだけ!簡単!

マイクの有無にかかわらず、画面共有が簡単に出来てしまうので

これに関しては有効活用しやすいと思います。

まとめ:Discordしゅごい

正直無料で十分すぎるくらいDiscordって便利だなと思います。

特に実装されてから大分機能が増えているので、

昔は出来なかったことも今は出来るよ、といったものが沢山あるし

気になったら可能かどうかを一度調べてみると良いかもしれません。

 

個人的にはレベル1の時点で送信出来るファイルサイズをもっと増やしてくれれば

Nitroも本格的に考えたいと思っているのですが、うーん。

そういったサーバー拡張機能があると理解しておくことだけでも

いつかきっと意味はあると思うことにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました