ドラクエミステリー テストプレイの感想

作ってみた

一度形になってみたやつをプレイしていただいた時の感想です。

反省点や改善点をまとめてみました。

 

ゲームのプレイシートは前回のリンクから。

前→ドラクエミステリー作ってみた

反省点まとめ

人狼やマーダーミステリー慣れしている6人の方に集まっていただき、

プレイしている様子を覗かせていただきました。

かなり試合運びがスムーズな上に、理論的な思考が上手く

本筋の流れに関係しないような要素にも引っかかることが無く話が進みました

 

そんな中、反省点や改善すべき要素が見つかったのでリストアップしました。

  • GM用のルールシートはかなりわかりやすくしておくべき
  • 文体を統一しないと、不必要な疑問となってしまう
    ⇒チェック漏れ
  • 最初に話の流れを作るためにも、ある程度の公開情報を用意したほうが吉
    ⇒サンプルボイスとか、ルール説明させてもいい
  • 情報は要約する必要はあまり無く、「事実だけ」を述べるもので十分
    例えば「領収書:〇〇と△△の取引があったらしい」
    よりは「領収書:〇〇と△△の名前が取引欄に書いてある」にする。
    それを要約するのもプレイヤーの楽しみですよね。
  • メタ的な要素が悩ましい
    ⇒条件Aと条件Bがそれぞれ被っている時に
    「ということはAとBは別人だろう」みたいな推理が出来る点
    これは情報にもなるので自分の頭の中でも賛否両論
  • 理由付け
    ⇒何故そこにそれがあるのか、みたいな明確な理由
    なんとなくで決めるのはやめよう
  • 知識を必要とする要素はかなり優し目に

目立ったことはこんな感じ。

流れの起点になる要素もあるので、直すかどうかは悩ましいものもありますが、

純粋にプレイの流れをスムーズにするものは改善すべき点でしょう。

良かった点

逆にこれは良かったな、と思った点もありました。

  • 時間の配分
  • ゲーム自体の難易度設定
  • ドラクエというお題があることでの話題の共有

GMの進行能力の関係もありますが、話の展開は面白かったです。

また、難易度設定は難しいかと思ったのですが

中盤くらいには真相をつかめているようだったので

上手な人達でその流れであれば理想的だと思うバランスです。

次に活かす要素

マーダーミステリーはこうあるものだ

という意識に囚われてしまった点が自分の中で結構あった気がします。

なので、次回を考える上では

ジャンルそのものに問われないストーリーや、

プレイヤーがとっつきやすい仕組みにしたいと思います。

「協力型脱出ゲーム(協力するとは言ってない)」

みたいなものの発想が生まれたので、

この修正を進めつつ、着手してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました