こだわり スプラトゥーン2 ~サーモンラン安定クリア考察~

スプラトゥーン2

ちょっとディープでピンポイントな、こだわりを解説します。

今回はスプラトゥーン2の「サーモンラン」について

野良カンスト複数回のサーモン勢が感じたことを以下にまとめました。

サーモンランですぐ全滅しちゃう…

なんでこんなに金イクラ足りないのおお!

という人が安定してクリア出来るようになるまでの考え方です。

一番大事なことは3つ

まず、クリアするにあたって非常に大切なことは、以下の3つです。

  • そのステージの「基本的にいってはいけない場所」を把握すること
  • そのステージの「特殊ウェーブの対処法」を知っておくこと
  • とにかく浮き輪にならない(死なない)こと

とにかくこれだけ守れていれば、まずクリア出来ると思います。

その理由を、それぞれ深堀りしていきます。

基本的にいってはいけない場所とは?

ドンブラコの船の右下トキシラズのコンテナ対岸

シャケトバの金網の奥のほうポラリスの最下層など

その代表となります。

 

これらの場所の共通点としては

  • イカがここにいると、オオモノなどのシャケが
    かなり優先的に向かってしまう為、危険な上に納品が辛くなる
  • 納品コンテナからも実際に遠い
  • 浮き輪になった時にフォローしづらい

といった問題点があります。

 

ここに一人が長居するだけ全体的に金イクラの納品が捗らなくなる上に、

自分が死ぬリスク、それに伴って一気にシャケが溢れ出るなど

全滅のリスクも高くなってしまいます。

 

「タワーやカタパットを優先的に倒したい」

「ノルマを達成した後の逃げ場として利用する」

といった明確な目的が無い限りは近寄らないこと、

目的を達成した後はすぐに離れること、を意識しましょう。

 

スペシャルで遠くから対応するのもかなり有効です。

特殊ウェーブの対処法とは?

ステージ事に異なるので、こればっかりは一つ一つ覚える必要があります。

ステージも多いし特殊ウェーブ全部覚えるのは大変だなぁ……

という人は、以下の事を意識して仲間の動きを見てみるとわかりやすいかも。

  • ヒカリバエ、グリルに関してはある程度の待機場所が
    ステージ事に決まっているので、基本的に一人にならない
  • カンケツセンをかたっぱしから開けるのは絶対ダメ
    わからなければ仲間に開けてもらうか、
    コンテナから遠い所から水の量を見て開けていく
  • ドスコイ大量発生の場合は、大砲2人、納品2人
    分かれるようにする。役割に迷うなら
    イカ速が早いブキを納品係にするのがGood
  • ハコビヤはハイパープレッサーを撃つのであれば
    1回目の時にしよう。撃たないのも有り
  • は頑張れ!強いて言うなら
    味方チャーなどの護衛気味に立ち回ってあげるとイケメンイカ

余裕が出てきたら、ステージ事のポジションや

カンケツセンを開ける順番等を覚えていけばいいと思います。

その場合は「ステージ名+特殊Wave名」で検索したり

スプラトゥーン2のWikiを参照しましょう。

とにかく浮き輪にならない(死なない)ようにするには

「基本的にいってはいけない場所」が守れている場合、

サーモンランが失敗する要素の大半は

よほどの浮き輪ラッシュにでもなっていない限りは

「金イクラ不足」ではなくて「ゼンメツ」が原因です。

 

つまり、各々が浮き輪にならなくなるだけでクリアは目前

少なくとも自分が必ず浮き輪にならなければ「ゼンメツ」は起こりません

 

そこでデスを回避するための考え方がこちら。

  • 緊急時以外のスペシャルは苦手なブキで使うようにする
  • 囲まれにくい強いポジション緊急避難先を考えておく
  • 誰かと一緒に行動する

どれも意識レベルの話になるので、実践するには慣れが必要ですが

囲まれにくい強いポジションについては、

シャケトバのコンテナ裏の高台や、

トキシラズのコンテナ側高台、のように

敵が迂回して一方からしか来ない上に、飛び降りる逃げ道がある場所です。

個人的に通常トキシラズが一番難易度が低いと思う理由なんですが、

壁を塗って帰りやすい高台ポジションが強すぎるからだと思っています。

結論:一つ一つやっていこう

「敵を誘導してくれて金イクラに余裕が出る」

「特殊Waveで失敗の原因を作らない」

「滅多に浮き輪にならない」

もしそんなイカが仲間だったら殆どの人は嬉しいはずです。

その為に、一つ一つ出来そうなことから挑戦してみましょう。

 

自分の身を守れるイカになれば、仲間のイカを

一方的に助ける楽しみなんてのも出てくるかも……?

 

ちなみに仲間が「いってはいけない場所」に行き過ぎたり

カンケツセン全部開けたりする場合は、

ぶっちゃけどうしようもないので

気合と根性でとにかく死なないことを目標に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました