VTUBER?スパチャ?ライバー?ボイロ?よくわからない人でも把握出来るようにまとめました

語ってみた

最近よくYOUTUBEとかでデジタルっぽいキャラクター見るようになったけど、よくわからないのばっかりなんだよね

動画は昔のサイトとかよく見るタイプだけど、

生放送みたいなのは見たことないしわからない

そんな人達に向けて、ざっくりと

あー、このキャラってそういうことだったのか!

敬遠してたけど理解出来た!

となるための記事です。

キャラクターの分類分け

最近は動画を再生すると、「キャラクター(生身の人間も含む)」が

会話を進めていく、という方式が主流となってきております。

そしてこのキャラクターの性質や出典元により、どう呼ばれるかが異なります

YOUTUBERとは

キャラクターの中で一番わかりやすいのが「YOUTUBER」だと思います。

自分自身が動画の一つとなり、語ったり、ゲームをするなどのリアクションを起こす。

小さい子のなりたい職業でも上位に入っており、時代の流れを感じます。

普段は馴染みのない人でも、HIKAKIN(ヒカキン)とか

はじめしゃちょー、といった名前は聞いたことがあると思います。

芸能人も参入してきて、間違いなく今一番のレッドオーシャンでもあります。

 

YOUTUBEで生身の人間が出てきたら、

とりあえずYOUTUBERと思っておけばいいですね。

VTUBERとは

YOUTUBERの派生形であるのがこの「VTUBER」です。

3Dモデルモーションキャプチャーを利用して、

デジタルなキャラクターを表示しているのが中心です。

「VTUBER」とはバーチャルYOUTUBERの略で、

動かない一枚絵のキャラクターでも成り立ちますが、

現時点では殆ど3Dという認識で良いと思います。

とりあえず動画投稿されたデジタルなキャラクターは

全てVTUBERと認識してOKです。

 

今現在、加速度的に数を増やしていることもあり、

個人で行っている人から、なんと専用の企業まで複数参入しています。

にじさんじホロライブというのは、この企業の名前だったりします。

VTUBERの代表例

あまりに数が多すぎる為、ある程度

よく見るような名前を適当にリストアップしました。

  • キズナアイ
  • 輝夜月(かぐやるな)
  • ミライアカリ
  • 電脳少女シロ
  • 白上フブキ
  • 本間ひまわり
  • 月ノ美兎
  • 赤月ゆに
  • ときのそら
  • 鈴原るる

ポテチもあるみたい。食べたい

大体なんか見たことあればそれがVTUBERです

他にも男性VTUBERや、そもそも人外VTUBER、

中には性別すら超越するバ美肉VTUBER(後述)というのもいて

個人勢含めて、確認されているVTUBERの数も1万を超えたそうなので、

とりあえず、めっちゃ数多いんだな……

とだけ思ってもらえれば問題ありません。

バ美肉とは

VTUBERならではですが、バ美肉と呼ばれるものがあります。

「バーチャル美少女受肉」の略らしく

要するにおじさんバーチャルな美少女に性転換……

もといアバターを手に入れることです。

(本来の意味は性別は問わないそうですが)

頑張って裏声出したりボイチェンを使ったり、

中には生声のままやるというツワモノもいます。

実は伊藤ライフ先生ビートまりおという

元の知名度もある人がその一端を担っていたりも……。

 

なお、そーすが思っているイメージ以上に好きな人も多いらしく

世界って広いんだな……

と痛感させられました。

ボイロ(ボイスロイド)とは

ここからは少し毛色が変わりますが、動画のキャラクターに

ボイロと呼ばれるキャラもいます。

ボイロ=ボイスロイド=読み上げ用音声合成ソフト、のことであり

要するに

中の人などいない!

ということですね。

そしてこのソフトのパッケージにイメージが描いてあって、

解説動画等のキャラクターとしてもよく取り上げられています。

そこに各利用者がボイロ同士の関係性キャラクター性妄想したりしながら

それぞれのキャラクターイメージが確立されました

VTUBERとの違いとしてはざっと以下の通り。

  • 中の人の有無、それにより機械的な音声かどうかが変わる
  • ボイロは基本的にイラスト(2D)であることが多い
  • 使用許諾の関係で、ボイロは収益化するコンテンツに殆ど出てこない

収益化が絡みやすいYOUTUBEより、

ニコニコなどで見る機会のほうが多いかもしれません。

それぞれ見た目で判断出来る?

というのであれば、よく出てくるボイロは10人もいないので、

それさえ把握して「あとは全部VTUBER」、と覚えてしまいましょう。

ボイロが気になってる人はこんな記事もあります。

ボカロ(ボーカロイド)とは

ボイロと似たような言葉でボカロ(ボーカロイド)、という言葉があります。

むしろ人によってはこっちのほうが馴染み深いかもしれません。

わかりやすく言うと初音ミクがこれです。

ボイロが読み上げ用音声合成ソフトであれば、

ボカロは歌に合わせた音声合成ソフトで、

個人が自作した歌を歌わせることなどに良く使われています。

 

初音ミクに比べると印象は薄いですが、

他にもボカロに該当するキャラクターはいます。

歌に特化している為、基本的にそれ以外の動画に出てくることはありません

ライバー、スパチャ、アーカイブとは

キャラクターの性質を理解した上で、

次は動画サイトを中心に関連性のある言葉について詳しく触れていきます。

ライバーとスパチャとは

「ライバー」という言葉について、

なんとなく聞いたことあるけど意味は知らない

YOUTUBERと大体一緒の意味じゃないの?

と思ってる人は結構いると思います。

使われるタイミングが似通っている為、勘違いしやすいですが、別の意味です。

ちなみに「ラブライブ」が好きな人の通称の話ではありません

 

それを語るためにも、軽くYOUTUBEの収益モデルについて説明します。

 

YOUTUBEは、動画をUPして広告収入により投稿者に利益を還元

というのが従来のスタイルでした。

しかし数年前からLIVE配信と呼ばれる、いわゆる「生放送」が増えてきました。

当たり前の話ですが、動画の「生放送」に広告は挟めないため、

このままでは配信者に利益を還元する方法がなくなってしまいます

その為、「投げ銭」という形でYOUTUBEが用意したのが「スパチャ」になります。

YOUTUBE運営もスパチャから取り分として貰って利益としています

 

この「スパチャ」から利益を得るのが中心な人、つまり

「ライブ配信する人」→「ライバー」と呼ばれています。

大事なのは利益の話ではなく、「ライブ配信する人」をライバーと呼ぶことです。

 

「YOUTUBER(VTUBER)でありライバーでもある」という人はいます

「YOUTUBER(VTUBER)とライバーは同じではない」ということですね。

アーカイブとは

ちなみに、この「LIVE配信」が動画として後々見れるように残ったものが

「アーカイブ」と呼ばれる履歴になります。

普段LIVE配信を見ないような人が意識せず見てる動画の中にも、

実はアーカイブが混じってたりするかもしれません。

 

基本的にLIVE配信映像のままなので、主に動画の時間が長めで、

画面の右上のほうに「チャットのリプレイ ▼」とか書いてあるのが
それだったりします。

動画みたいにシークバーで好きに再生出来るし、会話の流れとかも見れちまうんだ!

他で言う「タイムシフト視聴」あたりと意味合いはほぼ同じですね。

おまけ:スパチャは単純じゃないよという話

しかしそれでも「スパチャ」と聞くと、

VTUBERが何か適当に垂れ流しながらお金集めてるやつでしょ?

のような漠然としたイメージがある人は多いと思います。私もそうでした。

しかし、あえて自分の考えを言うならば

無条件でお金集まるわけじゃないし、VTUBERだけとも限らないぞ!

ということをお伝えしておきます。根本的なところは否定してないのがミソです。

 

まず、LIVE配信でスパチャを貰う大前提として

「生放送」で視聴者を引き付け続けないといけないという事を忘れてはいけません。

そもそも人を集めないと投げてくれる人もいないし、

初めて出会って3秒でお金投げてくれる人もいないからです。

人を引き寄せる話題性色々な人に見てもらうための宣伝力も大事ですし

何か問題があった時のフォロー、アドリブ力、飽きさせない工夫、トーク力など、

普通の動画編集なんかとは全く違う力が必要となります。

そんな中で、投げ銭されるような状況・出来事があってから

ようやくスパチャが投げられるわけです。

 

そしてもう一つ、知っておくと良いことは

「LIVE配信がVTUBERと非常に親和性がある」ということです。

 

もし、YOUTUBERがLIVE配信で自分のプレイを表示しようとすると

  • 別枠のカメラ映像をつけた上で、部屋を掃除したり個人情報をわからなくする等、カメラに映る余分な情報を消す
  • 配信中にも、嫌悪感を顔に出すといったようなファンが無くなるような行動を取れない(実質的な制限)

といった手間がありますが、それがVTUBERの場合なら

  • デジタルデータなので、キャラクターをプレイ画面に簡単に重ねられる上に、画面に入り込むことに違和感を生み出しにくい
  • そのまま配信されるデータは声だけなので、配信中に意識しないといけない点が減る
  • アバター、キャラクターに対してのスパチャが投げられやすい

というメリットがあります。Vを導入する手間とかは置いといて。

 

その例として、自分が最初に衝撃を受けたVTUBERの

アーカイブ動画(LIVE配信の履歴)では、

VTUBERがくしゃみをした後に、「くしゃみ助かる」と言いながら

大量にスパチャやコメントが投げられていたことです。

他にも「キャラがかわいい」といったスパチャなど。

もしこれが生身のYOUTUBERなら中々考えられない文化ではないでしょうか。

 

そんなわけで、VTUBERがコンテンツ的に強いから目立っているだけで、

LIVE配信とスパチャ自体はYOUTUBEのビジネスモデルです。

それと人とお金を集めるのにも一朝一夕ではない努力がある

ということだけは意識しておきたいところです。

おまけのおまけ:投げ銭をする人の心理と関連動画

「投げ銭をする人の考えが分からない!」という人に向けて

以下の動画が非常に参考になると思います。

スパチャされやすい配信者とは?投げ銭をする人の心理を考察【VTuberスパチャランキング】

経済学の観点から投げ銭に考えていて、読み物としても面白いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました